GWに気をつけたい痛みトップ3

投稿日:

年号もかわり新しい時代に入りました。新しい時代の平和も次代につないでゆけるようにしたいですね。

 

さて、GWも半ばを迎え、皆様どうお過ごしでしょうか?

 

今回はGW中レジャーや旅行、スポーツなど普段できないことを楽しんでいるときに気を付けるべき関節痛のトップ3をお伝えします。

 

第3位は階段でいたーい【膝関節痛】

 

GW中は普段できない運動をしてみようとランニング、フットサル、登山など挑戦してみてもよいかもしれません。

 

しかし普段つかわない筋肉をがんばって使うことになるので、膝関節の痛みをだしてしまうかもしれません。あまり普段歩かない人が突然、長時間の歩行や走る運動をすると、衰えているふとももの前~内側の筋肉を使うため膝のお皿周囲で痛みをだすことがあります。

 

 

■予防するには?

 

軽い運動だからと思わずしっかり準備運動をする

違和感や痛みがでたら無理せず休む

一日の終わりに筋肉を休めるためにストレッチをする

 

■おすすめストレッチ

 

ふともも前のストレッチ

ふともも内側のストレッチ

※ストレッチは緩めず、反動をつけず1分間伸ばしましょう

 

    

 

 

第2位は朝起きたらあれ?痛い【首関節痛】

 

旅行で車や電車、飛行機などの長時間移動や泊りでなれない寝具で寝たときに、朝起きたら首が痛い!なんてことがあります。これは長時間同じ姿勢をとることで首の後ろの筋肉がかたまり、固まった筋肉を突然うごかすことでキズがつき強い痛みがでるためです。首の後ろの筋肉の固さをさらにひどくする筋肉が首の前にもありそちらも痛みの原因になります。

 

 

■予防するには

 

移動中なるべく同じ姿勢とらないようにして、20分に一度は姿勢をかえる

上半身もかたくなっているので腕をしっかりと動かす

就寝まえに首を良く動かし、前後の首、胸の前をストレッチをする

 

■おすすめストレッチ

 

首の前後の筋肉

胸の前の筋肉

 

  

 

 

第1位はやっぱりぎっくり腰

 

やはりこれが一番気を付けなければならないですね。とにかく移動時間が長くなるため身体が固まりやすく、車から降りたときや朝起きたら痛みが…という状態になります。ぎっくり腰は痛みかたでケアすべき筋肉が変わります。主にかがむと痛い場合はおしりからふくらはぎの後ろの筋肉、反らせて痛む場合はおなかの中を通り腰につく筋肉が原因でず。

 

 

■予防するには

 

車の運転や飛行機などはできるだけ30分に一度は立ち上がり休憩する

固まった状態ですぐ動き出さずに足首や膝の曲げ伸ばし、股関節を少し動かす

とにかく細かくふくらはぎのストレッチをする

 

■おすすめストレッチ

 

おじぎで傷む→ふくらはぎ

反って痛む→ふともも内側から股関節(大腰筋)

 

 

 

 

すべての痛みに言えることですが、ぎっくりのように激しい痛みがでているときはストレッチなども行わず、とりあえず安静を保つようにしましょう。動くことができるようであれば最寄りの治療院にいって処置を受けるようにしてください。くれぐれも自己判断で行わないことが早く痛みが引くコツですよ。

 

 

GWも後半にはいり天気もよくなってきましたので、ケガや痛みを出さないようにしっかり楽しんでいきましょう!

もし万が一痛みが出た場合はGW中も受付をしていますので、当院までご連絡ください。

 

 

お問い合わせ、予約はLINE@からでもできますのでお気軽にご連絡下さい。

 

-身体のケア, 首肩,

Copyright© 千歳烏山やどりぎ整骨院 | プロ選手も通う腰痛、膝など痛みとケガの専門院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.