手首の痛み微弱電流治療~中学生チアリーダー

更新日:

 

・中学生

・倒立をしていると手首の甲側に痛み

・手をついて体重をかけても痛み

 

診察をしたところ自分で手首を動かさなければ痛みがなく、手首をそる動作に抵抗を加えると痛む様子から手首をそる手関節伸筋の損傷による腱炎であることが判明。

 

 

 

 

キズの修復を早める微弱電流(マイクロカレント)による通電治療を行いました。

 

 

 

治療後痛みの確認をし、痛みが消失を確認。

 

部活を休むことができず負担の軽減ができないので、あと2~3回の治療は必要ですがこの速攻性が微弱電流の特徴でもあります。

 

 

小学生から中学生に進学すると運動量が多くなり、またなかなか休むことができなくなるためにケガをしやすくなります。

 

オーバーワークになりがちなのでストレッチなどのケアをしっかりしていきましょう。

 

 

 

当院は身体のケアを真剣に行っているプロアスリートやプロダンサーも治療も行っています。

 

部活に出たい、なるべく休みたくない、早く復帰したいなど希望に微弱電流治療は力になれますので、お気軽にご相談をお待ちしております。

 

-身体のケア, 手腕, 痛み

Copyright© 千歳烏山やどりぎ整骨院 | プロ選手も通う腰痛、膝など痛みとケガの専門院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.